日記

愛媛県松山市で農業をはじめよう~②~事業承継セミナーで「農起業」の発表をする!

前回の記事で、農業を始めようと思ったきっかけは、ワイナリーの建設を目標としていると書いた。

そこで、まずは愛媛県で実際に「ワイナリー」はあるのかを調べてみた。

結果

内子と大三島にワイナリーがあることが分かった。

内子ワイナリーは、ホームページの作りや経営者さんの人物像などから、昔ながらの農家の方が経営するワイナリーだと感じた。

大三島ワイナリーの方は、東京大学を卒業された先生が、五年前から「愛媛の耕作放棄地」を再生し建設したワイナリーである。

私の目指す、ワイナリーは後者に近いわけだけど、そこでこう考える。

ねこみかん
ねこみかん
やっぱり大卒の先生じゃあないか!

今の所、農起業で成功した方の著書で確認しても、一流大学卒で、一流企業に努めていた人しかいない。つまり、M&A型事業承継で成功している方たちと同じく、高学歴なお方たちである。

私は、もっとも庶民的に、何もない状態、学歴も一流起業にも勤めていない状態から成り上がりたいのである。
実際には、超大多数の方は、一流企業には勤めていない。

だから、同じような人が、特殊な技能も、特別な思いつきもなく、着実に成り上がる。
その軌跡を書き記したいわけだ。

ひとまず目をつけた、ワイナリー。
これは愛媛に二つしか無くて、松山にはない。松山はそれなりに大きな商業都市であるから、そこに一つもない施設というのはかなり物珍しく、目の付け所はいいと思う。

そんな矢先に私は

ベンチャー型事業承継セミナー

に参加することになる。

これは別記事にしているので詳細は省くが、とにかくここで私は
「耕作放棄地を活用した農起業」というテーマを掲げ、ディスカッションで発表し、多くの助言を頂いた。

セミナー開催の母体である、公益財団法人えひめ産業振興財団 愛媛県事業承継ネットワーク事務局の個別面談もしてもらった。

とはいえ、事業承継と農起業では、分野違うため、様々な事を教えてもらい、農起業に関しての知識を集めていく。

 

ホームページを作ろうの目次
関連記事