ウェブ知識

【中古ドメイン】を購入して、使っている【ドメイン管理サービス】に【移管】して、使っている【サーバー】にスムーズに移転出来るのか?

今回は、中古ドメインですね。

すでにいくつかのサイトを運営されていて、新規に立ち上げる場合などとても気になるのが中古ドメインの存在ですね。

しかし、きちんと移管できるのか・・・!?

購入から導入までの流れは・・・!?

案外実践している情報は少なかったので挑戦してみます。

中古ドメイン購入

有名どころで言えば

お名前comですが、基本手にはオークション、もしくはバックオーダーとなっております。

どちらもけっこう高価(と言うか値段が定まっていない)だし、即時使えないのがいまいちなので、すぐに使えそうな中古ドメインに挑戦です。

アクセス中古ドメインと言うサイトで探してみました。

高い物は、数万円しますが、100円~600円の商品郡がありまして、サイト新規登録で500円のポイントが貰えますので、実質無料に近くゲット出来ます。

安くても、数が多いので自分の好みにあったドメインが見つかるでしょうし、20年位前からのドメインなどもありますので、早速600円のドメインを500円のポイントを使用しゲットしました。

上記のアクセス中古ドメインでゲットしたドメインは、基本手にはPure DomainかValue Domainで管理する事になりまして、まずは移管先のサービスにも会員登録が必要です。

アクセス中古ドメインへの会員登録とValueDomain(もしくはPureDomain)への会員登録が必要です。

ゲットしたドメインの移管先

私は、ムームードメインで全てのドメインを管理しているので、やはり一元化したい、という事で挑戦します。

その前に、まずは先程100円で購入したドメインはValue Domainに移管されているはずなので、確認です。

無事に移管されていましたね。

本日、2021年6月2日なので、1月半位はこのまま利用出来るということでしょうか。
その後は一年間1,628円の更新料金で利用できるようです。

移管の案内

私が感じている事ですが、どのドメイン管理サービスも「ドメイン受け入れのマニュアルは充実しているけど、ドメインを移行させるマニュアルは充実していない」と言うことですね。

まぁ、それは考えれば当たり前ですね。

今回はValueDomain→ムームードメインに移管させますので、まずは移管先(ムームードメインからすると移管される元になるので受け入れマニュアルは親切)のマニュアルを見てみます。

取得してから60日以上経ってますか?取得してから60日未満のドメインは移管を行なうことができません。

との事なので、基本的には出来ない様です。

とはいえ、いますぐ初めたいのに60日も待てない、し一年間更新しないといけないので、実質もっと先なので、とりあえず挑戦。

認証コードを所得

移管には認証コード(AuthCode)が必要です。

ムームードメイン側のマニュアルで、認証コードが必要との情報がありますので、ValueDomain側で探す。

セキュリティツールから、本人認証サービス「Value-Authアカウント作成」と言う項目を見つけたのでそれを試してみました。

簡単に登録は出来ましたが、そこから「alue-Authアカウントの管理・登録特設サイト」という所に更に登録が必要な模様です。

上記の作業が非常に面倒くさく・・・何か間違っている気がしました・・・

するとValueDomainのヘルプページ

WHOIS情報変更の「ドメインの登録情報変更」より、取得可能です。
(ドメイン横の「WHOIS」をクリックして「ドメインの登録情報変更」を開きます。このページ下部に認証鍵情報があります。)

という事なので、早速ゲット。

下の方にある「認証鍵(Authorization Info)」のことですね。

移管申請

ドメイン移管は、基本的には移管先で操作します。私の場合、ValueDomainからムームードメインなので、ムームードメインで操作します。

移管申請画面まで進み、所得したドメインと咲穂ヲの認証鍵を入力してみました。

移管には1,628円かかりますが、その後の管理を考えると割安になる模様です。

現在、移管申請中となっており、申請は成功したようですが、そもそもそれでも移管完了には3日~2週間ほどかかるようなので、やはりどちらにしても時間はかかるようですね。

以後の経過はまたご報告します。

2021年6月7日追記

この記事を初めに更新したのは6月2日なので、5日後ですね。やはり移管失敗の知らせが届きました。

先日ムームードメインより移管申請のあったドメインなのですが、本日下記理由により、移管が正常に行なえませんでした。

◎移管キャンセル理由

弊社側での移管承認は完了しましたが、現在のレジストラにて承認が完了しませんでした。現在のドメイン管理会社にご確認ください。

つまり、ムームードメイン側は完了したけど。ValueDomain側で承認されなかったという事ですね。おそらく、所得してから60日経っていないと言う点で引っかかっていると思われます。

ここで現在取る選択肢は以下の通りです

  1. 60日間待つ
  2. ValueDomain管理のままサイトを立ち上げる

やはり、後に移管は手間なので、60日待つのが無難ですね・・・

ドメインを移管して利用するには期間がかかりますので、今回の様なケースの場合はまずは早めにドメインを購入しておきましょう。

ValueDomainのドメインをWPXで利用

移管作業を待つ間にも、一刻も早くドメインを使ったサイトを実装したい。

そう思ったので、まずはValueDomainに管理されているドメインをWPXに登録してみます、

全くの素人がブログ型ホームページを作ってみた~3~WPX編 誰でも出来る、プロ並みのページ作成!!エックスサーバーが運営するワードプレス特化型専用サーバー「WPX」の初期設定方法! WPXの契約 上記からお申込み出来る。 これに関しては、ネットショッピングが...

ムームードメインの時と同じで、まずはValueDomain側でドメインのネームサーバーを編集します。

と、思ったのが移管手続き中だからか・・・上手くいきません。

エラーが発生しました。(20000:Failed in command with error. / 22432:Under Transferout application. / 202106021532337731912200CR:)

というエラーコードでした。

急ぐとエラー?お名前.comからVALUE-DOMAINにドメインを移した話

なかなかきちんと対処するのは大変そうですし、ここで作業をしても移管後にも再度手間がかかるので・・・移管手続き中のValueDomainのドメインをWPXに登録は断念しました。

2021年6月7日、再び、ValueDomain管理のままWPXに登録して、ワードプレスサイトを始めるようにしました。

先日はエラーが発生しましたが、今回は成功。
やはり、移管申請中だからのエラーだったようです。

あとは、上記でリンクを付けている記事のまま進めば、ワードプレスの実装も完了します。

 

ウェブ系ページの目次

無料で使える便利ツールはこちら

キャラクターやワンポイントイラストはこちら!

ブログ、ホームページ、SNS用キャラクター無料配布サイトまとめ!そのまま使える厳選サイト!可愛い人型アイコン画像をすぐに採用しよう! ダウンロードしてすぐ使える画像 って方は、すぐに使えるフリー素材を! わたおきば 立ち絵...

写真素材ダウンロードはこちら

【フリー素材】【写真】【厳選4選】ホームページやブログで使える画像を無料ダウンロード出来るサイト、ストックフォトサービスまとめ お勧めの【写真サイト】ストックフォトサービス一覧 『写真AC』 写真ACは無料で写真素材をダウンロー...

 

背景に使えるイラストお探しの場合はこちら

【フリー素材】【イラスト背景】【超選4選】イラスト背景系、写真でもワンポイントでもない、背景に使えるイラストをお探しのあなたへ! 便利なイラストダウンロードフリーサイト イラストAC 【PHOTOAC】と同じ提供元です。 会員登録が必要なのと、...

 

画像加工ツールはこちら

【超選】【無料】【加工ツール】【チラシ作成ツール】写真やイラストを自由自在に加工してサイトやチラシに利用しましょう! 無料で素敵なチラシや店内ポップを作るツール ピッキーピックス(Picky-pics) ...

総合便利ツール

【保存版】ビジネス【スタートアップ】でもプライベートでも役立つツール【まとめ】。有料ツールに負けないクオリティの無料ツールと便利で格安な有料ツールを使いこなす!法人経営系 会社設立 会社設立と言えば、一般の方にとっては専門家に依頼することになりますね。実は法人の登記はネット上で依頼す...

全くの素人がブログ型ホームページを作ってみた~誰でも出来る、プロ並みのページ作成の目次!!

①基礎知識、比較

②独自ドメイン所得

③サーバー選び~Z.com編
③サーバー選び~WPX編(推奨)
③Z.comその他からWPXへの移行

④ワードプレスの設定

⑤自身のサイトの種別を間違えずに設定しよう!

⑥ー①「JIN」のテーマを導入しよう

⑦ワードプレスに適したプラグインを導入しよう!厳選必須プラグインまとめ!