投資まとめ

ねこみかんの8ヶ月目の投資サマリー!!他の投資と合算し、8ヶ月目に修正しました。8ヶ月で16%の利回りなら上々。

はじめに

ねこみかんが現在運営している投資は4本になっています。

毎月2万円の庶民的投資

一攫千金を目指す破滅的投資

テキトー投資

米国株投資

それぞれ違った性質の投資内容で、【資産形成としての投資】と【趣味としての投資】を楽しんでいます。
一番最初の始めた、毎月2万円の庶民的はついに13ヶ月目を迎えました。

個別の更新だけだと煩雑になるのでまとめ記事を作りました。
4つに分散することによってリスクヘッジになるのはもちろんの事、ドルコスト平均法という意味でも効率的に振り分けることができます。

8ヶ月目の総合成績

昨月まで累計の成績

当下資金現在残高損益利回り
株式口座220,000239,04519,0458.66%
破滅に向かって200,000217,14617,1468.57%
テキトー118,189131,96013,77111.65%
米株19,90719,430-477-2.40%
合計558,096607,58149,9628.95%

今月まで累計の成績

当下資金現在残高損益利回り
株式口座13240,000263,06323,0639.61%
破滅に向かって6220,000271,40951,40923.37%
テキトー7120,000150,23330,23325.19%
米株34020438409.89-1,794-4.46%
合計620,204723,115104,70516.88%

 

投資経過月は平均値で8ヶ月としております。
今月分を入金していない状態です。

破滅に向かって投資と、テキトー投資はFXなので、円安の恩恵を最大に受けております。

株式は、結構伸びた感覚でしたが、利回りは思ったよりも伸びていないですので、やはりレバレッジのない株式投資はリスクが少ないです。

米国株はピンタレストが急落した影響で数値が悪化しています。

このままいけば年利は(理論的に)25%で折り返すことになりますから上等です。

もちろん、素人がこれだけの利回りを得ている裏には、わずか一日で破滅するほどのリスクを抱えていることは存じております。

国の政策で流行りの長期投資で数千万円貯めて豊かな老後を送ることは出来ても、ねこみかんはそんな事は求めていません!!

お金持ちな老後を送りたいので、リスクを最大限にとって「破滅OR成金」勝負です。

今月の資金振り分け

株式は毎月2万円と決まっていますので、そのまま継続とします。
今月は、奮発して入金をしたいところですが・・・しかし、あれです!!あれ!!投資なんて比較にならないほど足を引っ張りに引っ張っているあのビジネス。

投資に回すと(実際は数日で動かせますが、心理的に引き出したくないので)なかなか現金資金に出来ませんので・・・悩みどころです。

あぁ、そういえば、あのビジネスのせいで実はねこみかんの投資信託は一本解約の羽目になりました。

超絶怖くてリスクの高い投資がこちら!!

【コインランドリー経営】in愛媛 ~奮闘記③~ もう撤退するしかない壊滅的な売上の9月でした。 撤退という文字が重くのしかかってきた9月前半 遅梅雨で潤うのは、大地だけではなくコインランドリーの店舗も潤った8月でしたが、9月に...

全体的な流れ

上記のまとめを参考に投資先は決めていきます。

ねこみかん
ねこみかん
REITに死角なし

この謳い文句はまだ変わりません、「英国の指数算出会社FTSEが、2020年9月からJREITをFTSEグローバル株式指数に組み入れることを発表しました」こちらの情報の期限が来年9月、来年は東京五輪もありますから、下げはないと私は予測しております。

若干、不安観測も広がっていますが、『不安観測につられて売却したらそのまま値上がりして、買い時を失いまだ上がるかと高値を掴んでしまい、下がりだす』よくある話ですが、私はこれは偶然ではなくて大衆心理を的確に判断した、巨大投資機関の戦略にまんまとおどらされていると思っています。

テキトー投資は、『10万円をテキトーに投資したらどうなるか?』というコンセプトなので追金したくないのですが・・・ニッチな銘柄の調子がよく、これは本当に掘り出し物かもしれません。

米株も今のところ、魅力を見いだせないので、やはり「破滅に向かって」投資に資金を追加するしかないですね。

 

ホームページを作ろうの目次
関連記事